仮想通貨の市場規模や種類別の比率、過去のランキングを調べる方法

欲しい仮想通貨を調べる時、どのように調べれば良いのか分からない方も多いと予想してます。
そこで紹介するのが、こちらのWEBサイトとなります。

marketcap(マーケットキャプ)で市場規模や情報を調査!

早速、画面と共に紹介しましょう!

CryptoCurrency Market Capitalizations を紹介

通称、Marketcapとなります。

marketcap bitcoin
出典:marketcap

リンクについては、出典から開いてください。
当サイトでは、既に何度も画像をお借りしているような、超重要サイトとなります。
2017年8月18日現在、Marketに登録されているのは、1065種類となります。

Marketcapの基本的な利用方法

初心者コースから、ドンドン攻めていきたいと思います。
marketcap bitcoin

赤枠箇所が以下の操作となります。
【USD】
通貨の表示をドル建てから変更できます。もちろん、JPY(円表示)も対応。
【左側の通貨種類】
仮想通貨の詳細な情報やチャートを閲覧するページに飛びます。
後程説明します。
【右側のNext 100/View All】
Next 100 で、次の101~200位までのページを表示します。
View All で、全ての一覧を表示します。
全ての一覧を表示した場合は、グラフィカルなチャートが消えてしまいます。
代わりに過去1時間、過去1日、過去7日と現在値を比較した上昇下落のパーセンテージが表示されます。

スポンサーリンク

仮想通貨の詳細ページを解説

以下のような画面が表示されます。
marketcap bitcoin

上から紹介します。
Website
公式のHP等、もっとも原点に近いページへのリンクとなります。
情報の正確性は、かなり高いと思われます。
Markets
こちらを押すと、取引所の情報を確認できます。
どの取引所で、取り扱っているのか、一発で確認できます。
一番下の赤枠
クリックするとチャートのON/OFFが実施でき、簡易的なチャート表示の調整を行えます。

貿易量の統計や新規登場(ローンチ)を調べる方法

marketcap bitcoin

Trade Volume
24時間の出来高ランキング(通貨)や24時間の取引所貿易ランキングを確認できます。
人気の取引所を利用するのも、スプレッド(売りと買いの幅)を狭める手段です。
Trending
最近追加された仮想通貨、高騰/暴落の仮想通貨ランキングを出来ます。

仮想通貨市場の比率や過去のランキングを知る方法

Toolsから確認可能です。
画面を見て少し楽しめるかなと思ったので、画面も掲載して紹介します。

marketcap bitcoin

仮想通貨市場の通貨比率を確認

Global Charts 画面
※参考なので見やすいように通貨を絞ってます。
marketcap bitcoin

過去のランキングを確認

Historical Snapshotsの画面
marketcap bitcoin
2013年4月以降のデータが、こちらから確認できます。
ドンドン蓄積されて行っているようです。

WEBサイトに利用できるリアルタイム市場価値変動ツール

他にもToolsでは、下のようなWEBサイト向けの時価表示させるツールなんかも用意してくれてます。

参考までに現在のPepe cashとBTC対比です。
スクリプトで記載する内容が、そのまま出力されます。
かなり使い勝手が良く、ツールを作成するときに利用可能そうだなと思ってます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です