仮想通貨(ビットコイン含む)トランザクション確認を行えるサイトを紹介

トランザクション確認を実施する際、各通貨に対応したサイトが用意されていることが多いです。
1分1秒早く確認したい状況なのに、発見するのに時間が掛かったりと、一筋縄で行かない状況となります。
その為、トランザクションを確認するサイトを以下に紹介致します。

仮想通貨(ビットコイン含む)のトランザクションを確認する方法

出来る限り現状の市場規模順で、日本の方が利用しそうだなという仮想通貨を纏めたいと思います。

トランザクション確認サイトの利用方法

それぞれのWEBページは、ブロックハッシュ、トランザクション、アドレス等の入力する欄に情報を入れて検索を行います。
トランザクションの確認自体は、比較的簡単に行えると想定しております。

トランザクションが送信済みなのか止まっているのか、その止まっている理由を確認する方法は、サイトによって異なります。
私も止まったりして調査しますが、この段階が凄く面倒で難しい状況となります。
エラー等に合わせて、解説しているようなサイトを探すのが良いかと思います。

ビットコイン(bitcoin)トランザクション確認

blockchainのトランザクションを確認するサイトは、数多く存在しております。
その中でも、以下が日本語で表示可能であり、一番分かり易いかなと考えております。
外部リンク:blockchain

イーサリアム(Ethereum)トランザクション確認

イーサリアム(Ethereum)は、色々なサイトが用意されております。
トランザクションを確認するのは、以下が分かり易いかなと思ってます。
外部リンク:Etherscan

リップル(XRP)トランザクション確認

リップル(XRP)のトランザクションを確認するツールも色々と用意されております。
以下のツールがオススメとなります。
外部リンク:XRP CHARTS

ビットコイン キャッシュ(Bitcoin Cash)トランザクション確認

公式サイトでは、blockchairが紹介されております。
外部リンク:blockchair

しかし若干不安定らしいので、blockdozerというサイトも記載します。
外部リンク:blockdozer

ライトコイン(Litecoin)トランザクション確認

ライトコイン(Litecoin)は、以下のサイトで確認可能です。
外部リンク:Block Explorer

Block Explorerは、ライトコイン(Litecoin)だけじゃなく、Testnetの確認にも対応しております。
また、柴犬コイン(Dogecoin)のトランザクション確認までありました。

ダッシュ(Dash)トランザクション確認

cryptoIDというサイトから確認できます。
外部リンク:cryptoID

このサイトは、「Litecoin」「BitConnect Coin」「Stratis」「ZCoin」「OKCash」を初めとして、こんなアルトコインで送信なんて・・・。
というトランザクションの確認まで存在しております。
逆にビットコイン(bitcoin)やイーサリアム(Ethereum)のトランザクション確認が存在していない為、変な思考に走っている方向けなのかなと想像しております。

NEM(ネム)トランザクション確認

こちらは、日本人が利用する頻度が高いかと思ってます。
外部リンク:nem – BlockChain

Zcash(ゼットキャッシュ)トランザクション確認

秘匿性が高いとされている仮想通貨のZcashとなります。
外部リンク:ZCAIN

万が一の場合、サイトを知っているか否かで対処可能な範囲が、かなり広がります。
この機会にトランザクション確認の方法を学んでおくのも良いかと思ってます。
ICOとかを実施している場合、SCAMサイトに仮想通貨を投げ込んでいる人達の確認や、ICO開始前にフライングコイン投げ込みしている人が、どのくらいいらっしゃるのかも確認可能です。
色々と調査方法を行えると面白いこともあるので、参考にしてもらえたらと幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です