COMSA(コムサ)ICO~Zaifで有名なテックビューロ社が発表

今回は、テックビューロ社が手掛けるCOMSA(コムサ)を紹介しようと思います。
COMSA(コムサ)を検索すると専門的なサイトが多いですが、初心者向けに記載したいと思います。

COMSA(コムサ)のICOを基本から説明

COMSAを初めて聞かれる方もいらっしゃるのかなと思っております。
まずは、概要の部分から紹介して行きます。

企業を対象としたICOプラットフォーム

ICOのプラットフォームと聞いて、なんのことか理解できない方も多いかと思います。

ICOとは?

仮想通貨を利用されている方々は、すでに聞いたことも多いと思いますが、クラウドセールスという内容になります。
クラウドセールスの主だった形態は、「独自トークン」の仮想通貨を発行、それを皆さんに購入してもらうことで開発費や研究費を調達する方法です。

独自トークンとは?

仮想通貨で発行した、会社の名前が記載された仮想のコインという表現がシックリくるでしょうか。
そのコインの値段は、皆さんが決めます。
もちろん人気が出れば、上昇して人気が下がれば、下降するような仕組みになると想定してます。

プラットフォームとは?

何かを動作させるときの基盤となる中核を示します。
要は、WindowsやiOS等と同じような階層の表現であり、その上でアプリケーション等を動作させます。

ICOとプラットフォームを纏めた結果は?

様々な企業が仮想通貨によって資金を集めることを目的に、独自トークンを発行するための根幹となるのが、COMSA(コムサ)となります。

そのCOMSAを作成する資金を集める為、ICOを開催しましょう!
それが、COMSA(コムサ) の ICOとなります。

ここからが重要なのかなと思っております。
ただ単純に資金を集める場所として、COMSAが利用されるの?
答えとしては、NOとなります。

企業へ様々な仮想通貨による商取引の場所を提供

本当の凄さは、この内容だと考えております。

取引所 Zaif(ザイフ)のマーケット提供

独自トークンを発行したとしても、取引可能な場所が存在していなければ、意味がありません。
それも可能ならば、出来るだけ多くの人が閲覧するような場所、広告としての役割も自然と行われるような場所が好まれます。
そのようなことを考慮した場合、仮想通貨の取引所として有名な Zaif は、一等地の非常に魅力的な場所となります。

COMSAを利用することで様々な仮想通貨の取引が可能

以下のようにICOトークン発行スキームが紹介されております。

comsa01

ホワイトペーパーから画像をお借りします。

企業がICOを開催する際、左側のトークンを購入する人「Token buyers」が、複数の仮想通貨から資金が流れ込む状況と見受けられます。
今までの仮想通貨を利用したICOでは、単一の仮想通貨単位でのICOが多い状況でした。
例えばイーサリアム(Ethereum)から派生する仮想通貨のICOならば、イーサリアム(Ethereum)を購入して、イーサリアム(Ethereum)を用いてICOの参加を行ってください。

仮想通貨でICOを実施する際、そのような壁が存在しております。

ICOを開催する企業、ICOに参加する皆さんからしてみたら、仮想通貨を選ばないでICOに参加したいですよね?
結局のところ、企業に向けての資金に変換されれば、それでOKなんですから。

また、仮想通貨は、値動きが激しい通貨となります。
値動きの激しさを抑えて、一定の価値を保つ状態にする技術も導入されるようなこともあり、色々な最新の技術が目白押しなプロジェクトとなります。

COMSA(コムサ)の ICO に参加する方法は?

ICO の開始前となりますが、以下の方法で事前登録が可能な状況です。
画像付きで手順を紹介しますが、3 ステップで 1 分かからないレベルかなと思います。
※事前登録は、お金かからないので、気軽に行って良いと思います。

①以下のリンクにアクセスを行う。

②Email と Password を入力する。
comsa02

③登録メールアドレスにリンクが届くので、24時間以内に承認を実施

以上で終了となります。

これで大丈夫なの?
そう思えるレベルで本当に簡単です。

取引所 Zaif のリンク

COMSA(コムサ) は、マーケットの提供で触れた通り、Zaif という仮想通貨の取引所が重要な役割を担います。
その為、Zaif の窓口を開設していないようでしたら、以下の2点があるので窓口を持たれておく方が宜しいと考えてます。
〇ZAIFトークンを利用したイベントを開催予定と入ってきました。
※2017年8月29日追記

〇Zaifからしか入金不可の場合、新規開設が込み合う事が容易に予想できてしまう。

無料で登録が出来ますし、投資のチャンスを逃すよりも数分の手間でも実施した方が良いと思ってます。

COMSA ICO の開催される期間や各種リンク

ICO の開催期間

2017年10月2日14:00(JST)-2017年11月6日14:00(JST)

COMSA の各種リンク

・COMSA トップページ
https://comsa.io/ja/

・ICO ソリューション
https://comsa.io/ja/ico-solution

・COMSA 特徴
https://comsa.io/ja/features

・COMSA ホワイトペーパー
http://design-team.xyz/wp-content/uploads/2017/08/COMSA-Whitepaper-Japanese.pdf

 

今回の紹介は、以上となります。
細かい内容も説明して行きたいと思いますが、まず概要の部分を説明しました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です