ビットコインや仮想通貨を利用した詐欺に注意

こんにちわ!
仮想通貨界隈のツイッターで、情報と失言を吐き続ける弱小生物のハムルです。

仮想通貨の詐欺は、かなり多くなっていると考えてます。
しかも、どんどん手口が巧妙化して来てます。
中には、数年後に判明するような状況を作り出している内容も存在します。
では、詐欺の方法を記載しましょう!

ネズミ講(階層型)を利用した詐欺のシステム

昔からある詐欺の方法に仮想通貨で投資して、利用した方法ですね。
下の図を見て頂くと、ピラミッド構造になっております。
sagi01

頂点の紹介者が存在し、その配下にドンドン子供を増やし、さらに孫を増やし、連鎖式に増やしていく詐欺の手法です。

無限連鎖講のネズミ講は違法なの?

特に注意が必要な階層構造の内容は、ねずみ講となります。
ねずみ講は、無限の連鎖式で階層構造を作成しており、基本的に違法となってます。

紹介者が紹介者を呼び、無限のピラミッド構造を形成して人が連鎖的に増えます。
一部の上位にいる人は、階層構造の下の人からもバックが貰えるので、確かに儲けられます。
この手法は、運営団体が存在することが多く、誰かの紹介で開始すると言うことが多いです。

訴訟問題や友人関係、これらを犠牲にしてしまう可能性が存在します。
ある程度の知識がある人なら見抜けることが多いので、紹介者以外の知識がある方に相談しましょう。

MLM(マルチレベルマーケティング)とネズミ講の違いは?

連鎖販売取引は、特定商取引法第33条で定義されている販売形態です。
MLM(マルチレベルマーケティング)は、法律的に言うと違法でも何でもないです。

以下の2点が、良く言われない多きな原因かなと思います。
・売る人のモラルが低い場合にイメージが悪くなること。
・ねずみ講が世の中で良くない評判であること。

無限連鎖講のネズミ講意外のMLM(マルチレベルマーケティング)が安全?

MLM(マルチレベルマーケティング)となっていた場合も、やはり注意が必要です。
現実的な利回り、正常に機能していなければ、そのうちダメになります。

私が知っている中では、現状生きていて1年以上続いているような場所は、bitconnect のみかなと想定します。
法律に詳しくないので、なんとも言い難いのですが、無限連鎖と言う意味で紹介制度と利益が無限に繋がるような仕組みです。
その為、掲載を控えます。

HYIP(パイプ)を利用した高利回り高配当

HYIP(パイプ)と言います。
これは、高利回り高配当の場所です。
具体的に言うと、ビットコインを少し投げゼニして、リターンが日利とかで数%帰ってくるようなシステムです。

見抜く見抜かないの前に、どのように内部が動いているのか透明性がない場所が多いです。
運営団体ともWEBサイトのみで繋がっているだけの事が多い為、WEBサイトが飛んでしまえば終わりです。

最近だと投げ銭する人々が増えた影響からか、以前よりも更に短命と感じてます。
投げ銭サイト作ったぜ! ⇒ 潰れました!さよなら!
この期間がドンドン短くなってきてます。

怪しさ満点のHYIP(パイプ)案件を紹介している場所

hyipexplorer というサイトでは、一覧になって怪しさ満点で紹介されております。
※リンクを張りたくないので名前だけ紹介します。
海外のサイトとなります。
自己責任で、社会見学のために覗いてみる程度ならば良いのかなと。
紹介したくない場所でも、みなさんが知識として知らないと騙されてしまうこともありますので。

HYIP(パイプ)案件の全てが偽物なの?

私が知っているのは、ビットコイン以外で数年続いている場所も存在します。
※詐欺濃厚な内容を調べる時間も勿体ないので、ビットコイン関連のHYIPで長期的に続いている内容を知らないだけかも知れませんが。
運営団体が長期的に動いており、成果を出し続けて利用者に還元していれば、本物のビジネスと言えますので。

ICOを利用した投資の詐欺

ICOは、クラウドファウンディングです。
クラウドファウンディングは、昔から存在する方法で、プロジェクトを成功させようと努力しているチームも数多く存在します。
最近注目された記事で、ICOの説明を記載しておりますので、以下に掲載します。
COMSA(コムサ)ICO~Zaifで有名なテックビューロ社が発表

このように企業がICOを実施するようならば、信用性として高いと想定しております。

詐欺の方法としては、みんなが投資してくれそうな夢のような内容をホワイトペーパーに記載します。
この内容を実現したいから、投資してください!

ここから2パターンに分岐します。

ICOを開催して資金の持ち逃げ

これは、そのまんまですね。
ICOを開催してから、すぐにプロジェクトが破綻して持ち逃げです。
中には、希望者の返金までを一連の流れとしていると見受けられるプロジェクトも・・・。

中国では、ICOの規制が厳しくなり、以下のようなTwitterが出回ってました。
ICO開催側「ICO違法になりそう!何としても返金させて!」
投資側「やだよ。返さないで。」
ICO開催側「お願い!頼むから!」

完全にネタですね。
ただ、中国の厳しさを考えてしまうと、恐らく本気でヤバいんだと思います。

トークンだけ発行してプロジェクト中止

仮想通貨のトークン発行まで実施して、プロジェクトの成功/不成功が定まらない状況が継続。
こんなことが多いです。

こちらの問題点は、集めたお金の利用方法が、見えないこと。
プロジェクトの進捗状況が明確になっていないこと。
このような点がトークン発行だけで満足してしまう要因だと想定します。

このトークンが発行された状況で、取引所に上場してしまえば、誰でも購入/交換可能なようになります。
さらにトークンとしての金額が付いてしまいます。
ここで資金を持ち出すかトークンを売り払うんです。

本来は、ホワイトペーパーに記載されたことが実現されないと、プロジェクトの成功と呼べないですよね。

スポンサーリンク

では、実際に私が相談を受けた実際の内容を記載しましょう!
ネタ的な要素で見て頂けたらと思います。

クローバーコインとBitshower(ビットシャワー)に誘われました!

相談受ける前日くらいに D9 が吹っ飛んでます。
では、LINEで相談を受けた流れを記載して行きます。

相談者Aさん
「クローバーコインとビットシャワーってのに誘われたのです。
 この2つ、キチンとしてますか?」
ハムル
「確定じゃないですが、ヤバそうですね。
 吹っ飛んだ D9 並みにヤバいセンサーがビンビンします。」
ハムル心の声
(ビットシャワー?なにそれ。シャワシャワ)
ハムル
「相談者さん変な案件に誘われ過ぎです。」
相談者Aさん
「そうですよね。辞めときます。」

この方は、怪しいと思って相談して来たのかなと思います。
ここで立ち止まって考えられるか、相談を行える人がいるのかで、大きく違うのかなと想定してます。

個人のLINE案件 BTU を作成しちゃうぞ!

この時期は、Segwit と BTU(Bitcoin Unlimited)が話題になっていた時期です。
そして、私の親知らずが特殊な生え方しており、口腔外科で大規模工事した後でした。
では、LINEで相談を受けた流れを記載して行きます。

詳細を記載します。
相談者Bさん
「橋〇田さんという仮想通貨の凄い人が、BTCコインから枝分かれしたBTUコインを作成します。
 本来1000万円ですが、知人なので20万円から。
 ウォレットカードに通貨が振り込まれます!」
ハムル
「ホワイトペーパーとかあります?」
ハムル心の声
(怪しいなんてレベルを吹っ飛ばすような案件だな。
 日本の名字で 、BTU を作成?訴えられても知らんぞ!
 BTCコインって、ビットコインコイン?
 BTUコインに至っては、ビットコイン ユナイテッド コイン?
 なげーよ!コインコイン星に帰れ!
 さらにウォレットカード?
 ギフトカード扱いかよ!!
 歯の手術、傷口開いちゃう!笑わせないで!!)

相談者Bさん
「情報は、Facebookのみです。」
ハムル
「ページ開きたくないです。
 足跡的なゴミも残したくないです(笑)」
相談者Bさん
「なんとなく怪しんでいる雰囲気が伝わってきました。
辞めといた方が良さそうですね。
いちおうキャプチャ画像を出します(笑)」

キャプチャを確認。

Bitcoin Unlimited の説明じゃねーか!!

ハムル
「最終的に任せますが、辞めとくのをオススメします。」
相談者Bさん
「やっぱり怪しさ満点ですよね。
辞めておきます。」

ちなみに相談者Bさん、以下のCoincheck(コインチェック)に登録してNEMとXRPを購入したらしく、後日儲かった連絡が届きました。
coincheck bitcoin

良かった良かった。
この相談者2人に共通しているのは、多方面から確証を取ろうとしていることですね。
恐らく、私以外にも相談を行っていると想定します。

では、今回の記載は、これで失礼したいと思います。
ハムルでした!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です