リップル(XRP)情報

ニュースで何度か取り上げているリップル(XRP)の紹介となります。

リップル(XRP)の概要を紹介

リップル(Ripple)とは?

リップルが何なのか?
リップルは、会社名となります。
また、少ないですが、サービス名と呼ばれることもあります。

XRP(エックスアールピー)とは?

リップル社が発行した仮想通貨の名称です。
ブリッジ通貨として、色々な国が作成している法定通貨(円やドル等)の送金で途中の橋渡しを行えるようにする通貨を目的としてます。
さらに法定通貨だけでなく、様々な仮想通貨を結ぶことも想定されております。
何に優れているかと言うと、国際送金の目的で利用されると、送金手数料が劇的に安くなると言うメリットが存在します。
また、送金のタイムラグも国家間で数秒程度となる検証結果が出ており、ほぼリアルタイムでの送金となります。

リップルコイン(Ripplecoin)は?詐欺?

情報の精査が足りないで表現を行っているか、詐欺の疑いがある仮想通貨のどちらかです。
尚、リップル関係は、詐欺が多発しているような注意喚起も良く目にします。
その為、以下の一覧で紹介しているような大きな取引所からの購入を強くお勧めします。
仮想通貨(ビットコイン)取引所の一覧~初心者も安心で安全

リップル(XRP)の基本

最大供給枚数 : 1000億XRP
現在389億XRPが市場に出ている想定
コンセンサスアルゴリズム:独自のコンセンサス

リップル(XRP)関連の情報とニュースの説明

グーグル(Google)が出資?

こちらの情報は、中途半端で正確じゃありません。
正確には、Google Venturesと言う会社が出資となります。

リップルの迷信

以下の記事で掲載しておりますが、本当に信用して良いものなのか悩む情報になってます。
リップル(XRP)ロックアップ(lock up)の噂で高騰!
RippleがXRPの価格をコントロールしている?
これにNOと答えつつ、毎月3億XRPを市場に放流していたり。。。
そりゃ、価値が停滞するわと、納得できてしまうような状態がチラホラと散見されます。
期待していたロックアップ情報も不発のような状態です。
リップル(XRP)がエスクロー(預託)!ロックアップ(lock up)

今後の将来性
色々と情報を精査して、良く考えると過大広告が目につくような仮想通貨と感じております。
ただし、銀行がリップルを選んで、提携しているのも事実です。
リップル(XRP)の迷信!?MUFG銀行の発表で高騰!
さらに市場価値も何十倍に跳ね上がっておりますので、間違いなく期待されている仮想通貨となります。
リップル(XRP)は、安いうちに所有しておけば、数年後に相当な値上がりが期待出来ると予想しております。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です