仮想通貨の表記、単位、呼び方や略称

管理人は、仮想通貨を買おうとした時、その仮想通貨を示す通貨の単位ってなんだろう?
かなり、これで悩みました。

投資君
管理人が最初に購入を試みたXRPが、リップルって社名で仮想通貨名がXRPと言う表記が、若干分かり難いっていうことも、ありますけれどね。
そして、王道のビットコインから入らないのが、さすがハムルな管理人ですよね。

そんなことで、苦労した経験があるので、皆様に分かりやすく紹介します。

仮想通貨の表記

ビットコインを示す表記

ビットコインの表記を見てみよう。

仮想通貨先生
投資君、この表記は、なにを省略しているのかな?
BTC
投資君
ビューティフル・父さん・チョコレート!
仮想通貨先生
綺麗なお父さんにチョコレートをあげるのかな?
バレンタインか!!
しかも、父さん日本語だよ!
投資君
先生!!
管理人がBTCの良いネタを思い付かなくて、勢いで投資君に言わせました。
すみません!と裏側で誤ってます!
仮想通貨先生
いつもネタを滑ってばかりいる投資君でも、さすがにレベルが低すぎるなと思っていましたけど、やはり管理人ですか。
面白くないと思いつつも、ノリだけで強引に進めようとしました・・・。
投資君
先生、一度に管理人と僕の芸人レベルについて、クレーム付けてますね。
さすがです!
管理人、反省の正座ですね。
正座中の管理人 : すみませんでした。
投資君
それでBTCは、なんの略称ですか?
仮想通貨先生
ビットコインの数量表記となりますね。
読み方は、ビーティーシーと呼びます。
1 BTC = 10 万円
こんな感じに日本円と比較したりも可能です。
これだと分かりやすいですよね?
投資君
1ビットコインが、10万円という事ですね。
けっこう高いですね。
そして、ビットコインと言うよりもビーティーシーが呼びにくいし、略語にもなってないように感じます。
仮想通貨先生
世の中には、触れちゃいけない禁断の内容もあるんですよ?
私も前々から思ってますけど、文字数的に少なくなってますし、触れずにスルーしておきましょう。

BTCの小数点以下表示について

投資君
ちなみに 1 BTC以下もあるんですか?
仮想通貨先生
良いところに目を付けましたね。
ちなみに以下のような小数点記載も可能です。
0.001 BTC = 100円
これなら投資君でも買えますよね?
投資君
小数点が多くて、難しいですね。
どのくらいまで小数点があるんですか?
仮想通貨先生
0.00000001 BTCですね。
小数点から8桁までビットコインで表せることが可能な値となります。
投資君
ビットコインでは?
他の仮想通貨では、違うんですか?
仮想通貨先生
違いますね。
なので、それぞれの仮想通貨で確認する必要があります。
また、ビットコインの表記は、Satoshiと言う表記を利用することもあります。
投資君
なんか名前みたいですね。
仮想通貨先生
ビットコインの生みの親的な方の名前ですが、未だに正確な情報が得られないらしく、詳細不明の人物となっておりますね。
そして、そのままビットコインを表す単位となってますね。
BTCの最小単位が、Satoshiとなります。

表記の Satoshi を使う理由と印象

投資君
具体的にSatoshiという単位は、利用されているんですか?
仮想通貨先生
何度か利用されていることを見たことあります。
たとえば、
0.00001 BTC
と記載せずに
1000 Satoshi と記載している場合ですね。
1000 Satoshiと記載した方が、小数点以下よりも見やすいですよね。
投資君
確かに 0.000 と続くような場合、何かを購入しようとすると分かり難いので、整数で表記した方が分かり易いですよね。
仮想通貨先生
投資君から、整数と言う言葉が発言されるなんて意外ですね。
あとは、視覚的な印象ですね。
1000 Satoshi と記載した方が、同じ金額でも高いように思えませんか?
投資君
確かに小数点で記載されるよりも、印象として高いように感じられますね。
仮想通貨先生
広告とかでビットコインの数字があって、もれなくXXXX Satoshi プレゼント!
とかの記載があった場合、BTC の小数点表記だと見栄えが損なわれるので、見せ方を変えることでプレゼントのお得感をプラスにしてたり、見せる場面によっても表記を選んでますね。

スポンサーリンク

ビットコイン以外の表記について

ビットコイン以外の整数も確認してみましょう!

投資君
まだ仮想通貨でビットコイン以外を学んでいないのですが、大丈夫でしょうか?
仮想通貨先生
仮想通過のランキングと、それぞれの概要的な特徴を説明する予定ですが、名前だけでも予習しておきましょう!

ランキング形式の仮想通貨表記について

順位の移り変わりが極端に激しい仮想通貨の世界となる為、現在(2017年2月)のランキングとなります。
表記についての学習となるので、参考までの記載となります。
変動が発生しても更新する頻度は、少ない旨をご了承ください。

1位:ビットコイン
表記:BTC
2位:イーサリアム
表記:ETH
3位:リップル
表記:XRP
現状となりますが、3位のリップルくらいまでが、激しい順位変動が少ない仮想通貨となります。
4位:ライトコイン
表記:LTC
5位:モネロ
表記:XMR
6位:Dash
表記:DASH
7位:イーサリアムクラシック
表記:ETC
8位:MaindSafeCoin
表記:MAID
9位:NEM
表記:XEM
10位:Augur
表記:REP

投資君
基本的には、略称みたいになってると思いたいのですが、確認している限りだと違いそうですね。
仮想通貨先生
現在も増え続けているので、名称を覚えるだけでも苦労しそうなレベルだと思います。
特に気になった仮想通貨以外は、そこまで覚えておく必要もないのですが、参考までの情報となります。

仮想通貨を表す表記を学ぼうの纏め

色々な仮想通貨の表記方法を参考程度に記載しましたが、結論として10位まで覚えても入れ替わりが発生する可能性が高いです。
その為、説明部分を覚えるようにしましょう。

今回の纏め
・通常は、ビットコインを数量で表す場合、BTCを利用する。
・ビットコインの数量を表す最小単位となる値は、Satoshi となる。
・ビットコインは、小数点以下8桁までを利用することが可能である。
・ビットコイン以外の仮想通貨については、それぞれ利用可能な小数点以下が異なる。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です