ノアコイン、エイダコイン、現状の市場規模と比較

ノアコイン、エイダコインと現状の市場規模を比較

このニュースを記載した理由

現在、すでに存在している流通やお金の流れ。
それらを新しく出る仮想通貨で行えるようになれば、仮想通貨の値上がりに期待できそうだよ。
個人的には、投資の世界ですので、「期待値とフィーリング」が投資理由として大幅な割合を占拠することは、肯定したい気持ちです。

ここで私が気になるのは、以下の1点となります。

気になったけど、現在の仮想通貨における市場規模と比較した場合は?

こちらのデータが、あまり存在していないように感じてしまい、気になったクラウドファウンディングと比較してみようかなと調べてみました。
あくまで現状の市場規模とのデータを本当にザックリと比較する為、リリースまでに仮想通貨の市場規模が変化することを抜きとなります。
※当方は、ノアコインやエイダコインに参加しておりません。

また、現状の公開されている比較したデータとなる為、何が良い何が悪いを示した内容と異なります。

なぜに、First Blood とかを比較材料で記載しないかと言うと、比較した 2 つの仮想通貨は、日本をメインターゲットにしているからです。
※仮想通貨として、怪しいかどうかは、別の問題として考えておりますので、ご了承ください。

データの比較方法

当方の見解としては、発行枚数と市場規模がネックになるかと考えておりますので、以下の 2 点を比較データにしたいと思います。
「クラウドファウンディングの交換総枚数×1コインの金額」=リリース時の市場規模想定
「各仮想通貨の市場規模」=現状の市場規模
を比較した方が、良いかと思いますので記載します。

交換総枚数と 1 コインの金額について

ノアコイン

総発行枚数
2160億枚
プリセールスでの交換総枚数
432億枚
プリセールスの最安値で 1 コイン当たりの金額
0.69円

リリース予定時期 : 2018年6月12日
初期発行時の想定市場規模 : 298億円

エイダコイン

総発行枚数
630億枚
プリセールスでの交換総枚数
251.47億枚
プリセールスの最安値で 1 コイン当たりの金額
0.2セント
※分かり易くする為、本サイトで0.2円と仮定

リリース予定時期 : 2017年2月 ※過ぎてます。
初期発行時の想定市場規模 : 50.294億円

仮想通貨の現状ランキング(市場規模)

現状の市場規模を確認してみましょう!

1位 ビットコイン
市場規模 : 約2兆円

2位 イーサリアム
市場規模 : 約1600億円

3位 Dash
市場規模 : 約300億円



10位 Autur REP
市場規模 : 約64億円

11位 Zcash
市場規模 : 約31億円

スポンサーリンク

データを確認して考察

エイダコインの場合は、本当にリリースされれば、少し現実的な数字なのかなと想定しております。
ノアコインの場合は、1年以上先の話となりますので読めません。
しかしながら、仮想通貨の主軸となっているビットコインの成長率が年間 20 %上昇程度で推移している傾向となる為、そちらを考慮すれば参考程度になるかなと。

記載している各仮想通貨が、本当にターゲットとしている市場を伸ばせた場合、当方が比較対象としたデータが全く役立たずとなる為、あくまで現状の仮想通貨市場と数値の比較を行った参考情報となります。

また、交換の手数料/福利での回収/投資金額によっての仮想通貨分配、等々を色々と考慮外にしている項目も多い為、交換する場合に考慮する必要があります。

色々な仮想通貨を確認していると、市場へ出てから少し待てば、実際の利用価値(付随するソフト等)が出るまで下がることが多い傾向となります。
※あくまで傾向での話となりますので、ご注意下さい。
本当にリリースされた後、下がった時期を狙って購入することを、1つの視野に入れて考慮するのも良いのかなと思います。

仮想通貨の世界は、本当にリリースされるのか?市場に投入されて実際の価値がどうなるのか?
数年前のような、仮想通貨が市場にリリースされたら、投資の成功が確定しているような状況と異なってきております
言うなれば情報を正しく見れることが前提であり、さらに暗闇の中で、一点の光を掴むような状態となっております。

と偉そうなことを言えれば、凄くカッコいいのですが。。。。

管理人の場合、First Blood とかに参加したくとも・・・・。

投資君
管理人、投資の源となる物を、そんなに持ってないですもんね・・・・。
しかも、最後の最後に違う仮想通貨を持ってきたと言うことは、本当にリリースされるまで、管理人は待つ感じですね。
管理人:投資君、凄く正解!
では、皆さんが幸せになれることを祈って、今後も出来る限り参考となる情報を発信出来ればと考えております。

スポンサーリンク

投資君
このサイトが楽しかった、参考になったという方は、宜しければ拡散頂けると管理人が泣いて喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です