スケーラビリティ(ブロックサイズ)問題と最悪の状況?

ビットコインが分裂してしまう可能性が!?
そんな記事を読んだり、ブロックサイズが限界!?

bitcoin core(ビットコイン コア) ?
bitcoin unlimited(ビットコイン アンリミテッド) ?
segwit (セグウィット)?
専門用語の嵐で、結局分からない!

そもそもスケーラビリティ問題やブロックサイズの問題とは!?

投資君
管理人、あまり頭が良くないですもんね。
理解できなくて、プスプスと頭から煙が発生して、ショート寸前。
仮想通貨先生
投資君!管理人の頭部に水を!
頭が熱暴走を起こして、発火しちゃいます!

なので、詳しく詳細じゃなく、誰にでも分かり易く記事にします。
また、この分裂問題が始まったキッカケは、ブロックサイズ問題から派生した内容となります。
ブロックサイズ問題の概要をご存じない方は、「ビットコイン暴落の危機!ブロックサイズ問題」を読まれてからが良いと思います。

スケーラビリティ問題とは?

スケーラビリティ問題と言う言葉を分かり易くお伝えします。
スマホの「通信量」と「その契約」みたいなものです。
<スマホの例を挙げます>
月で 7 GB利用可能だったと仮定します。
それが 1 GBしか毎月で使わなかったら契約を見直した方が、安くなる可能性があります。
逆に 7 GBの契約なのに 20 GBを利用したい場合、契約の見直しを行わないとならないです。

ビットコインの場合は、
利用者の取引頻度等に対応して、変化させるべき設定

それがスケーラビリティ問題です。
先程、別記事で紹介したビットコインのブロックサイズ問題も、スケーラビリティ問題の1つです。
現状のビットコインで、ブロックサイズの設定が限界だから見直しましょう!
そのような内容が、スケーラビリティ問題となります。

ブロックサイズ問題で最悪の危険性とは?

まずは、本当に最悪のシナリオをお伝えします。
投資君、現状のブロックサイズ問題について、本当に最悪のシナリオって、何だと想定しておりますか?

投資君
ビットコインが分裂してしまうことですか?
管理人としては、違う見解となります。
現状維持が、最悪のストーリーだと思ってます。
投資君
なんでそうなるんですか?
台帳の更新に長時間かかる、取引が行えない持っていても何もできない通貨になると想定できるからです。
この取引が行えない状態は、買い物の決済が終わらないことを意味しております。
買い物が出来ないお金って、お金の価値がないですよね?
最悪の最後は、世界中の人々から使い物にならない仮想通貨だと見放されてしまうことだと想定しております。

そうならない為、色々な場所が動いて、対策を検討しているのですが、ビットコインの分裂だとかフォークだとかの内容になります。

ビットコイン(bitcoin)分裂の危機!?

ビットコインがパカッと分裂しそうなんです。

投資君
管理人!自信を持って言えます!意味が分かりません!
ビットコイン(bitcoin)が「bitcoin core」と「bitcoin unlimited」に分かれてしまう可能性があります。
イーサリアム」と「イーサリアム クラシック」が存在しておりますよね?
そちらは、分裂まで壮大なストーリーが存在しますが、簡単に言うとイーサリアムが分裂しました。
そのような現象が、ビットコインにも発生する可能性があると言う事です。
その理由とかを見ていきましょう。

ビットコイン分裂の理由

簡単に言います。
方向性の違いですね。

投資君
なんかバンドマンが分裂/解散する時、「音楽性の違いとか方向性の違い」によりとか聞きますが、そんな理由なんですか!?
ビットコインの方針は、色々な場所が合意して決めます。

合意して決める為、マイナー(採掘企業)/bitcoin開発者コミュニティ/取引所等が、どのような方向性を望むのかという意思を表示しております。
それぞれの意図を管理人の感じるままに言うと、自分たちの「現在や将来の利益」に繋げようという考え方が裏側にあり、都合が良いような改善提案を意見しております。
それも膨大なお金が動く世界なので、各所が望む姿を希望する状態は、本当に仕方ないことだと思っております。
裏側では、大量のコンピュータが稼働しており、それらを止められないという理由や、設定変更が必要になると膨大なコストが発生すると言うような状態です。

推進派の勢力図と解決の方法

大きく分けると、採掘業者と呼ばれる方々と、そのほかとなります。
分裂が懸念されている勢力図と、解決の方法を見てみましょう。

bitcoin core(ビットコイン・コア)の推進派

ビットコインの取引等を止めることなく、ソフトフォークで継続的に利用が可能であることを前提としたい方々です。
bitcoin開発者コミュニティが希望している内容となります。
※bitcoin coreの名称は、ウォレットの名前ですが、bitcoin開発者コミュニティの居場所でもあります。
また、取引所も業務が継続可能なbitcoin coreの推進派に近い意見となります。
対処方法としては、segwitによる対処が検討されております。

segwit (セグウィット)

ソフトフォークで対応可能なブロックサイズの上限を上げる仕組みとなります。
箇条書きとなりますが、segwitの情報を記載します。

segwitの情報
・ブロックサイズを実質2MB程度まで上げる方針を検討。
※segwitは、トランザクションを小さくするものと異なります。
・後に記載する、bitcoin unlimitedよりも安全に対処が可能との見解がある。
・手数料の低減(マイナーには、デメリット?)

bitcoin unlimited(ビットコイン アンリミテッド)の推進派

マイナー(採掘企業)が突如として推進したいとの方針を発表した内容です。

bitcoin unlimited(ビットコイン アンリミテッド)

こちらも箇条書きでの bitcoin unlimited の情報を記載します。

bitcoin unlimitedの情報
・ブロックサイズを可変的に変更可能
・検証が不十分で、segwitよりもバグが多いとの情報あり。
取引所は、BTCと認めない方針

ビットコイン(bitcoin)の方針纏め

話が難しくなりましたが、ビットコインのブロックサイズ問題について、簡単な纏めを記載します。
①現状維持
取引が行えない通貨として意味がない最悪の結末?
②segwitの導入
bitcoin開発者コミュニティ/取引所が推進
2MBまでブロックサイズを引き上げる想定
比較的安全に実施可能となる想定
③bitcoin unlimited
マイナーが推進
ブロックサイズを可変的に変更可能
バグ等が心配

スポンサーリンク

本記事は、いかがでしたでしょうか?

投資君
管理人、この記事の構成を作成するのに苦労してましたよね。
はい。bitcoin coreやbitcoin unlimitedを分かり易く読者に伝えようと考えても、取引所やらマイナーやらが複雑に絡んでくるので記載するのが大変でした。
かなり迷走しているブロックサイズのスケーラビリティ問題となりますが、本記事を通して皆様が理解を深めて頂けたら幸いです。
仮想通貨先生
この記事が役に立ちましたら、拡散頂けたらハムルな管理人が逆立ちして喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です