ビットコインはイーサリアムやリップル(XRP)に世代を明け渡すのか?

ビットコインの価値を奪ってくるレベルに下位の仮想通貨が高騰しているので、本記事を記載します。
ビットコインが世代交代は、発生するのか!?
必ず発生すると考えております。

理由は、いくつか存在します。

ビットコイン(bitcoin)が世代交代を迎えるのは?

この内容については、この記事が絶対的な正解と言うのも存在しないと考えております。
何故ならば、仮想通貨をお持ちである読者の皆さん、そして世界中の人々によって市場価値が決定するからです。
しかしながら、凄く気になってしまい、記事に記載致します。

時代遅れの仮想通貨ビットコイン

リップル(XRP)やイーサリアム(Ethereum)に対して、ビットコイン(bitcoin)は、ほぼ単純な通貨としての機能だけになります。
もうビットコインだ!
凄いな!
と感じられるインパクトも少なくなっているように感じられます。

ハムル
印象って、やはり凄く大事ですよね。
人を見た目で判断しないようにと教わって来ましたが、最終的にイケメンの方がモテます。
投資君
管理人!なんか悲壮感のオーラが漂ってます!
ハムル
ダークネスなオーロラを発生させてしまい、大変失礼いたしました。
要は、sha256にsha256の2重化、単純にブロックチェーンの台帳が、それほど凄くない時代に来てしまいました。
ちなみにブロックチェーン世代の1.0/2.0/3.0の思想を簡単に説明します。

ブロックチェーン 1.0

単純なる通貨としての利用を目的となります。

ブロックチェーン 2.0

契約を伴う、金融機関等への利用となります。

ブロックチェーン 3.0

金融機関意外への利用で、ライフスタイルに直結したブロックチェーンの利用です。
身分証明書、特許、保険証、等々が候補として挙がっております。
オープンレジャープロジェクト(Open Ledger Project)というのが始まってますね。

簡易説明を終了して、話を元に戻したいと思います。

スポンサーリンク

企業の力もなく、自由奔放

第2位のリップル(XRP)と第3位のイーサリアム(Ethereum)は、会社によって管理されている傾向が強いです。
ビットコイン(bitcoin)は、中国のマイナーが強い傾向で、それらの仮想通貨より世界的な平等と言い難いように見受けられます。
尚、イーサリアム(Ethereum)のコンセンサスアルゴリズムもビットコインと同一のPoWですが、変更される検討が行われております。

企業の利用が想定されていない。

世界の企業や銀行が利用する時、キチンと管理されていなければ、ブロックチェーン2.0やブロックチェーン3.0を導入したがるでしょうか?
以下の記事でも紹介しておりますが、無秩序のビットコインは、万が一にもマイナーが手を組んだ瞬間、勝手な変更が許可されてしまうような感じに見受けられます。
ビットコイン(bitcoin)がsegwit合意?2MBとハードフォーク
企業や銀行は、大損害に繋がる可能性がある仮想通貨は、導入を控えると想定しております。

明確な目的

イーサリアム(Ethereum)の場合

スマートコントラクトを利用した契約システムと自由に作成可能なアプリケーション。
各企業に導入してもらった場合、以下のような内容も行けるように思います。
イーサリアムの説明!全自動なサービスを提供する凄い仮想通貨

リップル(XRP)の場合

ブリッジ通貨として銀行をターゲットにしたメチャ早い&激安な国際送金。

ビットコインは、単純に通貨として利用してください。
そのように見受けられて、欠けているように見受けられます。

チャートからの推測

1番大きいのが、以前までなら第1位ビットコイン(bitcoin)と第2位のイーサリアム(Ethereum)で10倍以上の大きな開きが発生しておりました。
最近では、市場規模がビットコインの半分程度を上下しております。
発行枚数の違いがありますが、ビットコイン(bitcoin)とイーサリアム(Ethereum)を交換した場合、以前よりもイーサリアム(Ethereum)の価値が急上昇しております。

marketcap bitcoin
出典:marketcap Ethereum

また、3位のリップル(XRP)も同様にビットコイン(bitcoin)に迫る勢いが強い状態となります。

ビットコインが直ぐに金メッキになるのか?

以下の点が気になりますね。
・世代交代が直ぐに来るのか?
・世代交代後、王者の風格と言う金のメッキが剥がれて、一瞬で過去の栄光として落ちるのか?

世代交代が直ぐ来るのか?

これだけメリットとデメリットが存在しており、すぐにでも世代交代が発生しそう。
そう思えるかもしれないですが、数カ月から1年以内と予想しております。
なんでかと言うと、世代交代後に暴落するのか?
の情報が、根強い状態と考えているからです。

世代交代後、ビットコインが暴落するのか?

私は、以前までインパクトやメリットだけで、直ぐに暴落しそうだと考えており、大事なことを忘れておりました。
その為、こちらの検討を修正したいと考えております。

今の基軸通貨は、ビットコインです。
ビットコインATMも取引所のシステムも色々な場所で、ビットコイン(bitcoin)を主体に動いている場所が多いと想定します。

そこをすぐにリップル(XRP)が来た!
修正しよう!
そんなの時間をかけないと難しいですよね?

お金の入り口は、あくまでビットコインがスタートとなる場所が多いんですから。
そう言う理由で、世代交代だ!
速攻でビットコインが無価値に!
とか、安易な考えにならない方針だと考えを修正しております。

最終的にビットコインは、仮想通貨で残るのか?

凄く長く残ると想定します。
ただし、基軸通貨としての役割は、世代交代と共に好まれないと想定します。
現状のビットコインでさえ、価値の変動が凄いんです。
これが下位の仮想通貨になると、少しのことで凄い値動きとなります。
そんな基軸通貨は、皆さんが望まれない状況になると思います。

しばらくは、基軸通貨のような役割を貫くと想定してます。
パソコンで言うようなTCP/IPやIPv4のように。
※パソコンでは、これらがまだまだ現役バリバリですけれど。

横道に外れますが、BitPayと言う仮想通貨がTCP/IPの代わりになるとか、そんなことを論文で言っていたような。
すごく小さな古い過去の記憶となっておりますが、情報確認してみないと・・・。

スポンサーリンク

最後に管理人が望む未来は?
面白さの欠ける記事になったので、こちらを記載します。
サイト名から分かりますよ!
このサイト名
「仮想通貨と投資の情報」
ですよね?
「ビットコインと投資の情報」
現状だと、ビットコインが入っていた方が、皆さんに読んでもらえると思います。
サイトの作成当時から世代交代が、いつか来るんじゃないかなと思いつつ、記事を記載しております。

投資君
管理人!
大事なこと忘れてます!
何の仮想通貨が来るか分からないから、ザックリ仮想通貨にしてあるネタバラし!
&
管理人がハムル!
この2つを伝え忘れてます!
オススメ記事!管理人が手動で選んでます!
①コインチェックの登録方法です。
coincheckの登録から設定、利用の方法まで詳細に解説

②仮想通貨の取引所で、取り扱い通貨の比較を実施してます。
ビットコイン取引所の取り扱い通貨を一覧で比較!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です