イーサリアムの説明!全自動なサービスを提供する凄い仮想通貨

イーサリアムについて記載したいと思います。

投資君
やっと管理人がマイナーなコインから上位の仮想通貨を紹介する機会が来ましたね!
何かあったんですか?
ハムル
エンタープライズ・イーサリアム(Enterprise Ethereum)で盛り上がっているので、まずイーサリアム(Ethereum)から記載したくなりました。
見て頂いている方は、おそらくイーサリアムとは?
この内容を理解されている方も多いかも知れませんが、お付き合い頂けたら幸いです。
では、記載を始めたいと思います。

基本的な性能を説明

基本的な発行枚数の情報から、イーサリアム(Ethereum)の特徴まで紹介します。

イーサリアム(Ethereum)の基本的な情報

最大供給枚数: 7200万枚
ブロックタイム: 15秒
採掘アルゴリズム: Ethash
コンセンサス・アルゴリズム:プルーフ・オブ・ワーク(PoW)

管理人的には、コンセンサス・アルゴリズムの違いが、エンタープライズ・イーサリアム(Enterprise Ethereum)との違いになってくる為、少し説明を記載します。

コンセンサス・アルゴリズムとは?

通貨の方針を合意(コンセンサス)する際、どのような方法(アルゴリズム)で発言権を与えるか?
また、その発言権の強さを決めるのか?
そのような内容となります。

プルーフ・オブ・ワーク(PoW)

現状のイーサリアムは、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)という手法によって、合意を求める方法を用いております。
こちらは、採掘のハッシュパワーによって、発言の決定権を与えている状態となります。

スポンサーリンク

スマートコントラクトの特徴を解説!

イーサリアム(Ethereum)は、スマートコントラクトを搭載し、様々なソフトウェア(アプリ)を動かすことが可能となります。

投資君
スマコン!
ハムル
そのネタは、以下で使ってますね。
仮想通貨ランキングを衝撃的な面白さで紹介
仮想通貨先生
鮮度を大事にしないと、芸人として売れなくなりますよ?
スマートコントラクトと言う言葉より、具体的に何が出来るのか知りたいと言う方が多いと思います。
洗練された契約と日本語化しても、まだ分かりませんので、具体例を出しましょう。

イーサリアムって自動販売機?

こちらの自動販売機と言う表現は、非常に良く聞きます。
凄く良い表現だと思っております。
自動販売機は、ジュースを購入するだけ?
そう思われるかも知れませんが、良く考えてみてください。

以下の機能が備わっていますよね?
・冷蔵庫
・温蔵庫
・計算機(お金の計算とおつり)
・商品の排出
ただ、身近になり過ぎていて、それをどのようにイーサリアムで実施するのか?
その凄さが伝わらないので、以下のような例えを作成してみました。

多種多様な全自動のサービスを提供

イーサリアムは、様々なソフトウェア(アプリ)を動かすせることが特徴的となります。
具体的に商業利用の詳細が不明となりますので、今までの公開されている内容から、管理人がほぼ実施可能であると想定される内容を記載します。

皆さんは、スマホの画面が壊れた時、皆さんどうします?
恐らく、以下のような流れかと思います。

現状のスマホ修理工程
①画面割れる
②操作出来ない
③ショップに持ち込んで相談
④ネットや書面で交換の手続き
⑤配送されるのを待つ
⑥手元にやっと届く
項目的には、そんなでもないですが、期間もかかって、契約書とか凄いめんどくさいですよね?
それが、以下だったら?
スマートコントラクト利用
①スマートフォンの画面が壊れる
②スマホの自己診断で異常を検知
③交換手続きは、全て自動
④配送をGPSから実施
⑤あなたの手元にドローンで届く
※支払いもイーサリアムで完了!
どうですか?
自販機なんて、簡単なイメージを通り越して、物凄い可能性を秘めてますよね?
管理人の貧相な脳みそで、これだけの可能性を考えられる機能がスマートコントラクトの凄さです。

そりゃ、企業が何億も投資して、全力で応援しますよ。
絶対的な利便性と可能性を持っています。
ちなみにスマホ以外でも、機械類なら応用出来ますよね?
洗濯機、テレビ、自動車、電子レンジ

イーサリアムの将来性

イーサリアムは、ソフトウェア(アプリ)が動かせると言うのが特徴となります。
パソコンは、ソフトウェアが搭載されており、色々な事が出来ますよね?

管理人の思考からでは、発想できないような内容が、次々に仮想通貨で実現すると想定しております。
人工知能(AI)と一緒に稼働させたりした場合、本当に無限の可能性を秘めていると想定しており、将来的に凄く便利な未来が訪れると考えております。

イーサリアムの纏め

今回の纏めを行いたいと思います。

今回の纏め
・コンセンサス・アルゴリズムは、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)
・スマートコントラクトを搭載
・スマートコントラクトは、様々なソフトとの連携が可能
・全自動の様々なサービス展開が可能
この記事は、如何でしたでしょうか?
楽しかったとか、役に立ったと感じて頂けたら幸いです。

また、以下がエンタープライズ イーサリアム(Enterprise Ethereum)を説明している記事となります。
エンタープライズ イーサリアムを説明!EEA発足の目的?
知っているようで知らない情報もあるかと思いますので、参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

ハムル
この記事でイーサリアムのイメージが明確になったという方、管理人のハムルが変人だなと思った方は、拡散頂けたら本当にありがたいです。
投資君
いつになったら、ハムルが世の中に浸透するんですか?
仮想通貨先生
投資の情報サイトで「ハムル」って、致命的に一生無理なんじゃないですかね?
ハムル
管理人も思ってますが、面白さを重視!
何があっても、絶対に改名しないですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です