エンタープライズ イーサリアムを説明!EEA発足の目的?

エンタープライズ イーサリアム(Enterprise Ethereum)について記載します。

投資君
ようやく管理人のイーサリアムを記載した記事から、エンタープライズ・イーサリアムに移れそうですね!
イーサリアムの説明!全自動なサービスを提供する凄い仮想通貨
ハムル
読者に分かり易く段階的に作成するように気を付けてます。
投資君
管理人、その管理人画像、雑すぎませんか?
ちょっと溶けてますし。
ハムル
インパクト重視で、笑ってもらえたら、それで良いんです。
投資君、細かいことを気にしていたら、大きな未確認歩行物体として、UFO(Unidentified Flying Object)に並ぶUWO(Unidentified Walking Object)になれませんよ?
投資君
歩行って何ですか!
しかも、生物じゃなくて物体じゃないですか!

エンタープライズ イーサリアム(Enterprise Ethereum)を解説

エンタープライズとは、企業と言う意味になりますので、イーサリアムの企業向けにカスタマイズした仮想通貨となります。
ただ、エンタープライズ イーサリアムの情報が発信されてから、新しい情報となるので分かっている事は、かなり限られております。
情報の精度を高めるため、進展があり次第、この情報提供場所を随時更新して行きます。

エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス(EEA)が発足

アライアンスは、同盟と言う意味で用いられます。
エンタープライズ・イーサリアムを研究/開発する同盟となります。
500 の企業、学者、テクノロジー ・ ベンダーが参加して、同盟を組んでおります。

その名称が、エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス(Enterprise Ethereum Alliance)です。
ちょっと長い名称ですが、安心して下さい。
省略して EEA と呼びます。

では、次の項目から皆さんに分かり易く、エンタープライズ・イーサリアムを深掘りして行きます。

スポンサーリンク

EEA発足の目的と方針を説明

こちらが一番の重要項目と想定しておりますが、曖昧な方が多そうと考えております。
現状のイーサリアムから企業版の業界標準となるエンタープライズ・イーサリアムを生み出そうという目的です。
エンタープライズ・イーサリアムの中核となる仮想通貨を作成することが、EEA発足の目的です。

EntEth 1.0 が標準の設計方針

標準の設計方針として、EntEth 1.0 という設計が行われております。
企業が独自に研究や開発を行うにしても、業界の標準規格を設けて、
これから説明する機能としての情報も、こちらの情報を含んでおります。

EEAの参加企業

参加企業が公開されておりましたので、紹介いたします。
インテル(Intel)
マイクロソフト(Microsoft)
アクセンチュア(accenture)
などなど、以下のような豪華企業を筆頭に同盟を組んでおります。
genesis-mining
出典:entethalliance

エンタープライズ イーサリアムの機能を説明

機能面としては、イーサリアムを企業向けにカスタマイズして、提供するような仮想通貨となります。

仮想通貨先生
企業で仮想通貨を導入するのは、外部に非公開の情報が数多くあります。
投資君
個人情報とかですね!
仮想通貨先生
その通りです。
他にも色々と企業ならではの状況もあるので、以下で説明を行います。

プライベートなコンセンサスの解説

イーサリアムの記事では、PoWで採掘力が発言力に影響すると言っておりましたよね?
こちらを企業向けに変更するようです。

投資君
確かに採掘力が影響力となってしまう場合、企業の方針が他の誰かに都合の良い方向へと決められてしまう可能性が大きいですよね。
そのような状況を回避する為、コンセンサスの方法を変更する方針となっております。

秘匿性やセキュリティを重視

セキュリティを考慮して、プライベートなネットワークで処理させることや、独自のパイロットを行うことも想定しているようです。
銀行とかの情報が、万が一にもブロックチェーンを破られた場合、流出してしまうと本当に大変なことになってしまう為、色々な対策が検討されているようです。

仮想通貨先生
企業の情報を纏めている場所は、外部とネットワークを絶対に繋がらないように設計されていたり、皆さんが想像も付かないようなレベルで、情報の漏洩に凄い注意を行っているようです。

イーサリアムと相互運用性や互換性を検討

秘匿性やセキュリティの内容とは、逆の考え方とも思われますが、現状のイーサリアムと互換性を保ちつつ、運用を行えるような設計というようです。
確かに企業の独自的な設計でも、購入のときにイーサリアムを利用したい場合、こちらの運用が必須だと管理人が想定しております。
※あくまで相互運用性を保つという情報からの推測となります。

エンタープライズ イーサリアムの纏め

今回の纏めを記載します。

今回の纏め
・企業向けのイーサリアム
・EEAを発足
・業界標準を決めようという目的
・イーサリアムからコンセンサスの変更
・セキュリティや秘匿性を考慮

スポンサーリンク

難しい用語が羅列した情報源が多く、皆様に分かり易く!という内容と異なる次元にありますが、なんとか理解頂けるように嚙み砕いて記事を記載しております。

投資君
今回の記事が気に入って頂けたら、情報の拡散を行って頂けると、弱小サイトの管理人がマジで喜びます!
最近、Google先生の検索でもヒットするようになってきたので、若干喜んでいるようです。
仮想通貨先生
「仮想通貨 ハムル」で、このサイトが色々と出てきちゃいます!
そんな情報、いりませんから!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です